肉体を最重要視する格闘技の特徴
 
  護身術 女性におすすめ一撃必殺の技

   肉体を最重要視する格闘技の特徴的理由・・
   急所一撃で身を守る護身術の習得サイト

トップページ 護身術道しるべ 護身術の思考法 護身術の呼吸法 プロフィール 無料メルマガ
護身術の基本法則 護身術の原理原則 都道府県犯罪発生率 護身術と気の力 護身術と呼吸力
Amazon出版書籍 只今教材の準備中 コンバットF講座 実践護身術教材
  TOP気の力と心理学 >肉体重視格闘技の種類と特徴
 

  肉体重視格闘技の種類と特徴について


こんにちは、飛鳥塾の中山です。


 肉体重視格闘技の種類と特徴は様々


[私は武道や護身術などに長い間] たずさわって来ましたが、 実際の場面で自分の身を守る護身術を教え、身に付けさせるのは、非常に難しい 面があるとも感じています。 (身を守るための[護身術] の情報は後半にて)

なぜなら、[形通りに技の動きの順序を教えている技] は覚えたとしても、身体の使い方 であったり、内面的な問題であったりが、護身術の技を使える根本の身体や内面の 状態が大きく影響するからです。

これは私の経験でもありますが、若い日、道場で仲間を相手に何度も掛け合って稽古したはずの 護身の技が、たまたま遭遇してしまったストリートファイトでまったく効かなくて 怪我をしてしまった経験があります。

道場稽古で鍛え上げた護身の技が、実際の場ではまったく効かず、 逆に護身術を掛けた,/strong>ために大怪我をしたという、お粗末な経験でした。

それ以来、私は護身術を稽古したり教えるときは、「技+身体の使い方+ 心構えを1セット」にして稽古したり指導をするよにしました。


合気上げの身体の使い方や坐禅のような内面の修行


護身術は華麗な型を身に付けるためのものではありませんし、 [達人が使うような複雑な技] も必要ではありません。 華麗でもなく複雑でもないけど、[完全に自分の命を守ることのできる技] が必要なのです。

武道や護身術を習いながら、真の目的を取り違えている人たちもいます。 人に見せて格好良いと思われたいとか、女の子に逞しいと思われたいなどが、脳裏にチラついている 間は、本気で武道や護身術を習得しようとは思っていないと思います。

という私も、[若気の時は格好良く思われたい] などと思っていたようですから、そういうものも 当然持ちながら、片方で合気上げなどの身体の使い方や坐禅のような内面の修行 を行えばいいのだと思います。


「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る


なぜ、合気上げが護身術の技の基本になるのか? 武術は、スポーツ武道や格闘技のような 肉体や筋肉の力で技を掛けることはしません。逆に筋力は邪魔になることの方が多いのです。

その中でも、この [合気上げは筋力という力を捨ててしまう稽古] でもありますし、如何に筋力を 少なく [内面の意識や呼吸を原動力にした第三の力] の比率を多くするかの基本稽古なのです。

[筋力MAXで掛けた技は筋力に寄って阻止] されるということであり、その確率が非常に大きく なります。


筋力を如何に捨てるかと言いましたが、筋力をゼロにする訳ではありません。 私が学んだ沖縄の古流空手では、「内八分に外二分」と教えられました。 これは特に力の使い方について教えている言葉ですが、[集中力や想像力などの内面の力が八割、 肉体の力が二割] の割合で使えということです。

例えば、肉体の力がいくら強くても、内面が弱くて生き死にの場面で、ビビってしまって身体が まったく動かなくなることだってあるのです。護身術とはスポーツ武道のように 審判が辞めさせることもありませんし、[常に生死を目前にした闘いになる] という訳です。

その意味では、武道の試合などとは比較にならないくらい内面の強さに勝負が、必要になるという 訳ですが、何しろ命が掛かっているのですからね。 心がビビったら最後、どれほど技が上手くてもその技を使えなければ持って無いのと同じ だということですよ。

護身術は、武道の試合や格闘技とはまったく違う別物なのです。 本来は武道も格闘技も、この別物である護身術の稽古をし修行をしなければならないのですが、 この安全な法治国家の中ではこのような命懸けの闘いも起こることもありません。

そのために、今の武道が失なってしまった「心の修行や身体操作など第三の力」 を使いこなせる修行をするべきだと思いますし、[肉体や筋力オンリーの力の使い方はもう限界] が来ていることに気付くことです。

[身体や肉体の限界に挑戦] して、その成果を競い合うのはスポーツの試合やゲームに任せて しまって、武道や護身術は、それらスポーツとは一線を画している武術なのです から、そろそろ本来の武道の姿を取り戻した方が良いのではないでしょうか。

「内八分に外二分」と言われる修行とは、先ずは [内八分とは、瞑想や座禅などの内観法] であり、見えない内面の強化にフォーカスした修行法になります。

「外二分とは、体幹を中心とした身体の使い方」なのですが、 稽古では分けて訓練しますが、実践では、[内面が外面を導くように使えるまで修行] を重ねて いくのです。

この内外両面を稽古して、初めて武道や護身術の技が本来の力を発揮するのです。

  

護身術 女性におすすめ一撃必殺の技
 

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。 そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という 女性を中心に、多くの方々からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定DVD】プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。

「オリジナル限定動画」を、 お早めにお受け取り下さい。





Copyright © 2015 護身術 女性におすすめ一撃必殺の技 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾