空手に先手なしの意味を知る
 
  護身術 女性におすすめ一撃必殺の技

   空手に先手なしの意味を知る理由・・
   急所一撃で身を守る護身術の習得サイト

トップページ 護身術道しるべ 護身術の思考法 護身術の呼吸法 プロフィール 無料メルマガ
護身術の基本法則 護身術の原理原則 都道府県犯罪発生率 護身術と気の力 護身術と呼吸力
Amazon出版書籍 只今教材の準備中 コンバットF講座 実践護身術教材
  TOP護身術の思考法 >空手に先手なしの意味とは
 

  空手に先手なしの意味とはについて


こんにちは、飛鳥塾の中山です。


空手に先手あり、されど私闘なし・・?


これに対抗したように「空手に先手あり、されど私闘なし」と言ったのが、極真の大山総裁でしたが、 当のご本人は守っていたのでしょうか。
この格言を・・?

[空手に先手なしの意味とは] とは・・元々空手には 「空手に先手なし」という言葉があるように、本来護身の武術なのです。

「空手に先手なし」と言われるように、[すべての基本の技は防御から始まる] ように作られて いるのにも伺えます。 (身を守るための[護身術] の情報は後半にて)

しかし最近の現代空手の中には、強さばかりを誇示して「空手に先手有り」のようなこと まで変えて唱える人も出てきていますし、「先手必勝」という言葉自体が [何をしても勝てば いい!] いう思想にすり替えて、街のゴロツキのような暴挙に出る輩も出てくる始末。

これは平和な時代だからこそ、こういう人が出現するのであって、[本当に殺されるかも知れない 命掛けの時代] ならば、逆にこのようなのも出てこないのかも知れません。

琉球空手という護身武術の特徴はと言いますと、手や足を使って護身の技 を掛ける前に、[意識や心というような内面の力を相手に作用] させた後に技を掛けると いう「心術を駆使」した、言い換えれば心身一致の護身武術なのです。

ウエイトトレーニングで力を強化してみたところで




私が学んだ琉球空手には「内八部外二分」という教えがあって、[鍛錬型の三戦] などを 行って稽古をしていました。私はよく「見える外の二分」は気にせんでいい、 「内八分を意識しろ!」と言われていました。

要するに [腕をこう取って捻ってなどの外二分は気にするな!] そんなものは[内八分」が できれば自然に格好良くなる、とにかく、[内八分を意識しろ!] という言葉を耳にタコができるほど 聞かされてきました。

さて動画ですが、ここでは「内八部外二分を訓練」しているのですが、一般的な力の比較を 解説しますと、自分の力が6の場合で相手の力が7だった場合は、[自分の力を7以上] にしなければ 相手には勝てないという理屈になりますので、せっせと汗水たらして[ウエイトトレーニング] で力を 強化しなければなりません。

しかし、この「内八部外二分の考え方」はと言いますと、自分の力が6しかないとしたら、 「じゃあ相手の力を7から4にしましょ」という発想なんですが、 [どうやって?] という疑問が当然出てきてしまいますよね。

その方法が「内八部外二分」なんですね。逆に一般の人の身体や力の使い方は [内一分に外九分] という割合になるかも知れません。 つまり、外である身体の部分を九割方使い、内なる意識は一割くらいしか使っていないと、 いうことになるかと思います。

「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る


このような [外という身体の意識が圧倒的に強い] ために、何をするにも考えるにも身体 優先でしか、ものを考えられないということなのです。

この動画のように意識的に意識を使って、最初は5割の意識に5割の身体から始めても [中々5割の意識を使うことはできません] が、何度も何度も「意識的に意識を使う訓練」 をすることによって6割、7割と意識の力が増して行くのです。

【関連物の紹介】和道流柔術拳法 宗家大塚博紀 第二弾。 【DVD】宗家大塚博紀の和道流空手道 第2巻

  

護身術 女性におすすめ一撃必殺の技
 

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。 そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という 女性を中心に、多くの方々からお問い合わせを頂いています。

 
今なら【数量限定DVD】プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。

「オリジナル限定動画」を、 お早めにお受け取り下さい。





Copyright © 2015 護身術 女性におすすめ一撃必殺の技 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾