他力本願と武術の本当の意味
 
護身術 女性が自宅で覚える一撃の技

トップページ 護身術道しるべ 護身術の思考法 護身術の呼吸法 プロフィール 書籍・教材ページ
護身術の基本法則 護身術の原理原則 都道府県犯罪発生率 護身術と気の力 護身術と呼吸力
Amazon出版書籍 達人を目指す教材 コンバットF講座 実践護身術教材
  TOP身体操作道しるべ >他力本願の意味と武術の知恵袋        
       
       
 

  他力本願の意味と武術の知恵袋について

   

こんにちは、飛鳥塾の中山です。


他力本願の意味と武術の知恵袋


武道の勝負も護身術も人生にしても、総て自分の力だけで勝つというのは何パーセント ぐらいあるでしょうか?「勝負は時の運」とも言います通り、その時の [相手の状況や偶然の出来事] など何が起こるか解らない中の勝負です。自分の力というのは半分以下でも、 周囲のチカラが手助けしてくれる場合もあるのですよね。 (身を守るための[護身術] の情報は後半にて)

しかし、武道に限らず他のことも [すべては他力本願] なので、自力でやれることってほんの 僅かなのですね。元々が地球の上で暮らしているということ自体が他力本願なのです。

人の動きもすべて地球の重力と効力のバランスが整っているから、あなたも地球で生活し 生きていける訳なんですよね。[一人の力だけでどんなに頑張っても一秒も生きていけない] 訳なんです。

今もどこかで頻繁に起こっている地震にしたって台風にしたって、地球がクシャミをして一瞬でも バランスが崩れようものなら、[人間なんて一瞬も生存できない] ということなんですよ。

身体の使い方は「一眼・二足・三胆・四力」


だから、地球と仲良くして存分に地球の力を借りて身を守り生活していきましょう。 っていうことなんですね。

さて現実的な話に移りますが、皆さん身体の使い方は古武術の [一眼・二足・三胆・四力」という言葉を聞いたことはありますか?

直接的には「護身術」には関係ないのですが、武道や武術を修行している方なら誰もが一度は聞いたことのある言葉だと思います。

これは [武道の心得の中で重要なものから順番に並べられた] 教えですね。 私たちの読み方では、「いちがん・にそく・さんたん・しりき」と 読みますが、流派会派で読み方も異なるかも知れません。

この意味を簡単に書きますと。

「一番は目ですよ」・・でも肉眼だけではないですよ。
「二番目に足ですよ」・・でも足裁きだけではありませんよ。
「三番目は胆力ですよ」・・でも空度胸ではないですよ。
「四番目は力ですよ」・・筋力も少し必要ですよ。


それぞれの意味を一言で現すと・・こんな感じになると思います。 この [一眼] は・・眼の使い方ですが、それには「見る」と「観る」が あり、遠山を観る。遠山の目付けこれを一言で云えば・・[雑念を捨て]一つに心を寄せろということ になりますでしょうか。

「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る


まとめますと・・
身体の使い方は古武術の「一眼・二足・三胆・四力」とは、武道武術の修行の中で 重要な部分を順番に教えてくれている言葉です。 一つ一つの意味については別に書きますが、ここで重要なのはこの順番ですよ。ということを 覚えておいて下さいね。

これはお守りではなくて実際にあなたの身を守りますよ! 送料無料☆ブレードランナー 防刃パーカー グレー ケブラー

本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我が チカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなり ません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。





       
Copyright © 2015 護身術 女性が自宅で覚える一撃の技 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾