基本技の稽古 片手平行取りの基本
 
護身術 女性が自宅で覚える一撃の技

トップページ 護身術道しるべ 護身術の思考法 護身術の呼吸法 プロフィール 書籍・教材ページ
護身術の基本法則 護身術の原理原則 都道府県犯罪発生率 護身術と気の力 護身術と呼吸力
Amazon出版書籍 達人を目指す教材 コンバットF講座 実践護身術教材
  TOP護身術の基本技 >基本技の稽古 片手平行取り
 

  基本技の稽古 片手平行取りについて

   

こんにちは、飛鳥塾の中山です。


 動画で覚える基本技の稽古 片手平行取り


[基本技の稽古 片手平行取り] の1番目の技で最も基本的な技です。 「片手平行取り」とは、相手が右手で自分の左手首を掴みに来た場合です。 要するに、相手と向かい合って立った時、相手と自分の手が平行になって 掴まれている場合です。 (身を守るための[護身術] の情報は後半にて)

掴まれていないもう一方の手の中指と薬指で、[掴まれている相手の手の小指側] と 自分の手首の間に差し込みます。

小指側の手の平(小指球)と自分の手首の隙間に入れて、掴まれて いる手と同時に [自分の胸の中心に持ってくる] と、相手は腕ごと捻られた状態になりますので、 そのまま突き放して逃げても関節を極めても自由にできる訳です。


相手の自由度を制限した上で行動することが重要


「身を守るのが目的」ですから、相手を取り押さえるというリスクを 負うよりも突き放して逃げられれば、ここでは [逃げるのが一番安全] だといえますね。

この逃げる場合も、ただ逃げるのではまたすぐに捕まえられる可能性が高くなります ので相手の自由度を制限した上で逃げることが重要になります。

[自分の胸の中心付近に捻った相手の手] を持ってくるのは、自分の身体の中心は一番力が 集中する場所ですから、相手も簡単には外せないのです。

反対にこっちは [相手の手を極めている] ので自由にできるという訳ですね。

「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る


夜間のライトと護身の警棒を兼ね備えた護身用グッズ。 LED 超高硬度 誘導灯 44cmタイプ SENTRA44 SEN-44 点滅

 
   

本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我が チカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなり ません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。










       
Copyright © 2015 護身術 女性が自宅で覚える一撃の技 All rights reserved.
by asukajuku.jp/