百聞は一見に如かずには続きがある
 
護身術 女性が自宅で覚える一撃の技

トップページ 護身術道しるべ 護身術の思考法 護身術の呼吸法 プロフィール 書籍・教材ページ
護身術の基本法則 護身術の原理原則 都道府県犯罪発生率 護身術と気の力 護身術と呼吸力
Amazon出版書籍 達人を目指す教材 コンバットF講座 実践護身術教材
  TOP身体操作道しるべ >百聞は一見にしかずの続き
 

  百聞は一見にしかずの続きについて

   

こんにちは、飛鳥塾の中山です。


百聞は一見にしかずの続きは [百見は一触にしかず]


[百聞は一見にしかずの続き] について、いま現代では護身術 もこう来たらこうする的なやり方や方法だけを教えていますが、本来護身術には身体の使い方 と心の使い方の両方を習得する必要があります。そのことから考えても、武道と同じく 生命を賭している分、[内面の強さが重要] になる訳です。 (身を守るための[護身術] の情報は後半にて)

基本的に人間は、[今まで自分の脳が体験した記録] 以外は信じようとしません。 でも、 [脳に体験の記録が無いにも関わらず] ・・それを信じようとする人もいます。

逆に、人を信じない・・[体験値以外の事は信じないという人] の中には、非常に臆病な人が多い のも事実ですし、用心深い人と言えます。私も隠れ臆病者かも知れませんね。

また。別の言い方をすれば、前者は未知への冒険心が強く、想像力逞しく、 [我が道を切り開いて行く開拓者精神] のチャレンジャーでもあります。

後者は、[良く言えば現実的な堅実家] でもありますし、また自分の体験値以外は信じられず、 その範囲だけでしか物事を考えようとしない傾向にあります。臆病者の反面、私は猪突猛進的なところ があって、一体どんな性格なんでしょうね。笑

武道武術に限らず、[何かを学びマスターできる] のは、前者には間違いないことは確かですし 誰の目にも明らかですが、ただ希に現実世界から逃避しているだけの人もいます。

しかしそれは、人間を前者後者にはっきり分けられるということではなく、一人一人の人間が、 「同時に心の中に両方を共有」しているということでもある証ですね。


一度自分が身を以て体験すれば思考は一変する


[善と悪の両方を共存] させながら・・人は善の方を多く出す人と、 悪の方を強く外に出す人がいるという訳です。

遠目に見たり聞いたりしても、眉をひそめていた人もセミナーで自分の身体で実際に [体験した途端に言動を一変させる人] が結構多いのもこのためなんでしょうか。

[百聞は一見にしかず] に続く「百見は一触にしかず」なのです。 百回見ても信じられない人でも、「一度自分が身を以て体験すれば思考は一変する」 というのが人間の本質なんでしょう。

もう、そろそろ自分を開放して、疑うことよりも信じる方を多くして呼吸と同じで、 [吐いた息は必ず吸気] として戻ってきますからね。

「自分が発した疑念」は、確実に信じられない出来事として自分に戻ってきますから、 良くも悪くもっていうことですね。

自分が放った強い思いは、そのまま自分に向かって、より強くなって戻ってきます。 自分にも他にも、「信じる思いを強く発して生きて行く」そんな生き方の選択肢もある のですし、自由に選択すればいい訳なんですよね。

「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る


まとめると・・
[百聞は一見に如かず] くよくよ悩んでいないで一度見に行ってみなよ!ということだとも 言えますね。頭の中でばかり考えて行動しない人「百見は一触にしかず」とも言いますから、 何度も聞いたり見たりしても納得できなかったり、腑に落ちなかったことも [一度見て触れに行って みたら] 行けば解るさ!

形から入る忍者コスチューム くノ一忍者 くノ一(くの一・女忍者)装束(黒・赤)(woman ninja)

 
   

本格的に学ぶオリジナル教材
「体幹操作法」道場入門のご案内

「体幹操作法」を誰もが基礎から学べる教材を作りました。
地球の重力を我が チカラとして使うためには、先ず自分の中の「意識と身体を一致」させなければなり ません。そのために必要な練習法を、テキストをはじめイラストや図解、動画を含めて達人のワザが習得できるオリジナル教材として公開します。










       
Copyright © 2015 護身術 女性が自宅で覚える一撃の技 All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾