身を守るおすすめ護身用具
 
  護身術 女性におすすめ一撃必殺の技

   身を守るための護身用具を必要とする理由・・
   急所一撃で身を守る護身術の習得サイト

トップページ 護身術道しるべ 護身術の思考法 護身術の呼吸法 プロフィール 無料メルマガ
護身術の基本法則 護身術の原理原則 都道府県犯罪発生率 護身術と気の力 護身術と呼吸力
Amazon出版書籍 只今教材の準備中 コンバットF講座 実践護身術教材
  TOP身体操作道しるべ >身を守るおすすめ護身用具
       
       
       
 

  身を守るおすすめ護身用具について

       

こんにちは、飛鳥塾の中山です。


護身用具にも勝るとも劣らぬ身体の使い方


[身を守るおすすめ護身用具] について、注意点なども 含めて書いてみます。最近、護身用の武器を持って歩いているという人も少なくない ようです。 (身を守るための[護身術] の情報は後半にて)

護身用の武器には [催涙スプレーや電圧を流すスタンガン] などありますが、中には メリケンサックやナイフなど人を殺傷する武器を所持している人もいるようですが、これは犯罪に なります。

護身用の武器は色々ありますが、使い方を完全に把握していないと、 逆に護身用の武器を奪われ自分が殺傷される事件も少なくないようですので、 ただ護身用の武器を持っていれば大丈夫と安易に考えていると危険がいっぱいですよ。

逆に「護身用の武器」取られて殺られる場合も出てくるでしょう。 実は、身体や手足の使い方と攻撃箇所一つで「護身用の武器にも劣らぬ使い方」が あるのをご存知ですか?そう、それは「人体の急所」のことです。これを知っているか否かで 大きな分かれ道になるといっても過言ではありません。


護身術とは自ら危険に近づかない心構えが第一


言わずとも知れたこと、端的に言えば自分の身を守る技術のことですよね。 昔は武士が普通に刀を差して道を歩いていた時代、要するに「力の時代」だった訳ですから、 自分の生命を守るための最低限の「護身術」は必要で あったのです。

まだ、昭和の時代までは [自分で自分の身を守る] という考えは色濃く日本人の 中に残っていたのではないかと思っています。

ですから、男子はこぞって [強さを求め、武道や格闘技]を求めました。

しかし、昨今はどうでしょう? 自分がそんな危険な目に遭う確率はわずか・・[もしその時は警察もいるし、誰かが 助けてくれるだろう。] こんなふうに思っているのでしょうか?

今は、「護身術」などに興味を持つ人など日本では無に近い状況ですね。 私は昔、海外で生活したり多くの国々を仕事で巡っていました。

日本国内の生活と海外では、まるで治安に関しては天と地ほどの 差があります。物事というのは、どちらが完璧だということはありません。が・・

「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る


治安が悪いところで生活すれば、[自ずと危機感が研ぎ澄まされますが] 、守られ過ぎ ている環境に浸っていれば、[自ずと危機感は薄れてきます。]

「護身術」の技以前に、守られ過ぎると何か起きた時に、このマインドが [一番危険で間が抜けているマインド] だということも言えるのですね。

世界中の人たちが海外旅行に行きますが、[日本人ほど狙い易いターゲット] は他には 無いようですので、海外に行く場合は特に、ご用心!ご用心!

まとめますと・・
「護身術とは」自分の身は自分で守るということに尽きますが、だからと言って 中途半端な気持ちで「護身術と称するもの」を身に付けようとしたり使うのは 危険です。人はイザとなればもの凄い力を発揮するものでもあるのですが、その潜在能力が湧き出て きた時も「護身術が身に付いているか否か」があなたの命を救うのです。


護身術 女性におすすめ一撃必殺の技
 
       

昨今、毎日のように凶悪な事件の被害に遭った人や、理不尽に犯罪に巻き込まれた人がテレビの ニュースでも数多く報道されています。 そんな中 [護身術を自宅で習得できる教材はありませんか?] という 女性を中心に、多くの方々からお問い合わせを頂いています。

       
 
今なら【数量限定DVD】プレゼント!

オリジナル特典動画 「護身術動画/基本」 この動画は非公開の動画で、会員の「護身術基本技の個人指導」をした時に 収録した、一般には公開していない動画になります。

「オリジナル限定動画」を、 お早めにお受け取り下さい。



       
Copyright © 2015 護身術 女性におすすめ一撃必殺の技 All rights reserved.
       
by asukajuku.jp 飛鳥塾