護身術について真剣に考えてみよう
 
痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る


 
トップページ 護身術未知標 護身術の考え方 瞑想呼吸法の会 プロフィール お問合わせ
自宅で覚えるDVD 護身の基本技術 護身の原理原則 県別犯罪ランク 気の力の養成法 メンタル強化法
  TOP身体操作道しるべ >護身術について真剣に考えてみよう
 

  護身術について真剣に考えてみようについて


こんにちは、飛鳥塾の中山です。


護身術について真剣に考えてみる必要があります



「自灯明」とは、釈迦が亡くなる前に弟子に諭した言葉で、自分の中の灯を信じ、己を拠り所にして 生きることが最良の生き方である。他を拠り所にして生きることほど危険なことはないし、また 己の中に眠っている真実を呼び起こしなさい。という教えです。
(身を守るための防犯護身の情報は後半にて)


人間は所詮弱い生き物で「パワーストーン」など外部の何かに頼らなければ生きていけないものですが、 自分の中の「パワーストーン」を引き出してしまえば腹も据わり胆力も強くなります。

それは「自分を信じる力」なのですが、ラクビーの五郎丸や大関の琴奨菊などが事前にやるルーチンも 「自分を信じる力」を引き出そうとしている「パワーストーン」に代わるものなのですね。

そう考えると、「身を守るパワーストーン」などを気休めや迷信では片付けられないものがある のも頷けますし、「所詮人間は弱いもので自分の中の信じる力」に力を貰わなければ、今にも押しつぶされそうになる 重圧にとても耐えることが出来ないのです。

さて、現実的に武道で言う三番目の「胆」とは、簡単に言えば「度胸や勇気」だとも言えます。
「腹が据わっている」とか「覚悟が出来てる」など色んな言葉で表現されますが、武道 の修行は、究極この「胆や腹」を据えるための修行だとも言えるのではないかと私は 考えていますが、如何でしょうか。

要するに、「内面の修行」が大事だよ!と言うことですよね。
これが弱けりゃ話にもなりませんし、力や技など先ず役に立ちません。

先人は、内面を鍛えるために山に篭ったり、滝に打たれたりの荒行を超えて、「死」と 言う恐怖に打ち勝とうとしたのです。

これら内面の強さは、持って生まれたその人の資質に寄るところも多いのですが、 現代に生きる私たちが、「山篭りをしたり滝に打たれたり」など、日常生活の中で そんなに簡単にはできそうにありませんよね。

しかし、こんな現代に生きる私たちにも日常の生活の中で出来る「内面を鍛える」 ための修行法があるとしたらどうでしょうか。

己の真実を引き出すための内観の必要性と瞑想や座禅



現代でも「自己啓発」などでも良く使われていますが、それは「内観」と呼ばれて いますが、要するに「瞑想や座禅」または「呼吸法」などですね。

現代社会は、「外部に眼を奪われ」意識も常に外を向いています。
「内観」という言葉のように、自分の内に意識や気を向けることが、非常に少なく なってきていますよね。というより皆無に近いのかも知れませんね。

現代でも、一部の人たちは「内観」の重要性に気付いています。
会社の経営者や一流のアスリートなどは、一日に一度は決めた時間に必ず外部を 遮断して「独りの世界」に入って内観を行う人も多いのです。

「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る



まとめです・・
「三胆の胆」とは、一言で言えば「度胸や勇気」のような精神的な強さだと言えます。 座禅を組んだり、瞑想をしたり、滝に打たれたりすることも「自分を深く内観」し精神的な強さを養ってくれますが、 それと同様に「呼吸を整える」ことも腹を錬ることに繋がるのではないでしょうか。

パワーストーンが効果があるのかないのか試してみますか?
四神獣タイガーアイブレス

 
 
 
 
 
 
 限定のオリジナル特典「護身術の基礎講座」をプレゼント!
 
当サイトから商品をご購入頂いた方に、オリジナル特典動画 「護身術基本技5本 講座」をプレゼントしております!
 


☆身体操作 TOPに戻る
☆「防犯 護身を極めるためのウェブサイト」に進む

Copyright © 2015 痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾