時代の流れは今や護身術必須の世界
 
痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る


 
トップページ 護身術未知標 護身術の考え方 瞑想呼吸法の会 プロフィール お問合わせ
自宅で覚えるDVD 護身の基本技術 護身の原理原則 県別犯罪ランク 気の力の養成法 メンタル強化法
  TOP護身術の思考法 >時代の流れは今や護身術必須の世界
 

  時代の流れは今や護身術必須の世界について


こんにちは、飛鳥塾の中山です。




時代の流れは今や護身術必須の世界というのは、 世界を見渡すと自爆テロなどの国際犯罪が頻発しています。「自分の身は自分で守る」という時代が 来たということです。
(身を守るための防犯護身の情報は後半にて)


さて、山岡鉄舟の剣術は剣を抜く前に気で押さえる。というものだったそうです。 心法を修行していた鉄舟は、見えない気の力の凄さを身を持って知っていたようです。

同じ幕末の天才剣豪と言われた「白井享も心法を使う剣」を用いていたのですが、山岡鉄舟との時代背景や 関連については把握していないのですが、このことからしても剣の達人と云われた人はただ剣の技術のみが 優れていた訳ではなかったということが解りますよね。

もちろん、強靭な身体や優れた技などのテクニックは無いよりもあった方がいいのですが、なまじ身体が強靭であれば あるほど身体や筋力に頼ろうとするのが人間の習性なのです。

極端に偏って、身体や肉体の強さに依存すれば、他に優れた力の存在があっても見向きもせず肉体で勝負をするでしょうし、 逆に、心や意識などの見えない世界に偏ってしまえば荒唐無稽な妄想の世界からものを言うようになります。

どちらが良い悪いではなくて、その両方のバランスなのですが人間はいつでもどちらかに偏ってしまうのです。 「心が身体を動かす」という真理を知っていれば、どちらかに偏って考えることも少なくなると思います。

時代の流れは今や護身術必須の世界へと進む

相手の心をレールに乗せて自在に導いて行く




心だけでもなく、体だけでもない、「心が先にレールを引いて体がそのレールを動く」と言えば解り易いでしょうか。 世の中はすべてバランスなのですが、知識では知っていながら偏って行動してしまうのが人間の弱さなのかも知れません。

当然ながら、護身術には「こうしてこうする」の技やテクニックは必要ですが、山岡鉄舟や白井享の心法の剣は、 「こうしてこうする以前に相手の心をこっちのレールに乗せてしまって自在に身体を導く」というと解るでしょうか。

私は「これを取ろうと心で思ったからこれを取った」訳で、それは意識的だろうと無意識的だろうと思ったから そうしたのですし、思わなかったらそうしてはいないのですよね。

すべて人間の行動は心が先に導いている訳でして、ただ私たちはそれに特に気付いていないだけなのです。 このような人間の行動心理をよく知って行くと、昔から伝わる「心法を理解」することができるのです。

この行動心理を深く知ると、人の行動パターンがよく解るようになりますので、人の心を導いたり、または 人の行動や身体を導いたり、ある時は行動をストップさせたりもできるようになります。

「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る



ですから、この心法を学び尚且つ技やテクニックを学んでいけば、天才剣士ならずも天才的な能力を発揮できる ようになるかも知れませんね。

【関連物の紹介】一命を賭して行動し「無血開城」という歴史的成果をもたらした山岡鉄舟。 [新訳]鉄舟随感録「剣禅一如」の精髄を極める【電子書籍】

  
 
 
 
 
 
 限定のオリジナル特典「護身術の基礎講座」をプレゼント!
 
当サイトから商品をご購入頂いた方に、オリジナル特典動画 「護身術基本技5本 講座」をプレゼントしております!

 

☆身体操作 TOPに戻る
☆「防犯護身に役立つ内面力を鍛える方法」に進む

 
Copyright © 2015 痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾