護身術に関して誤解を招く注意点
 
痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る


 
トップページ 護身術未知標 護身術の考え方 瞑想呼吸法の会 プロフィール お問合わせ
自宅で覚えるDVD 護身の基本技術 護身の原理原則 県別犯罪ランク 気の力の養成法 メンタル強化法
  TOP護身術の思考法 >護身術に関して誤解を招く注意点
 

  護身術に関して誤解を招く注意点について


こんにちは、飛鳥塾の中山です。


護身術に関して誤解を招く注意点と腕相撲



護身術に関して誤解を招く注意点とは、まず筋力勝負を避けることを念頭に置くことです。 筋力を強化して腕相撲に勝とうとしたり、武道やスポーツに勝とうとすれば、これは果てしない 筋トレラットレース人生を無駄に送らなければなりません。
(身を守るための防犯護身の情報は後半にて)


しかも筋肉成長の頂点は、それほど長くはなく20代、長くても30代位がピークになります。 なので、あらゆるスポーツの世界では、ほとんどの選手寿命が遅くとも30代で終わっています。

ほとんどのスポーツ競技は、筋力の優劣を競う競技といってもいい訳ですから、筋肉の成長年齢を 過ぎればスポーツ人生は終焉を迎えます。

世の中では、これが当たり前だという常識がありますし、現役選手寿命は30代まで、それ以降は コーチなどの指導者側に転向するという図式がおおよその決まったコースですね。

しかし、この図式はいつから出来上がったのでしょうか?昔から日本にも有ったのかといいますと、 そうじゃないんですね、これは西洋の唯物論的な考え方が東洋文化に根付いた結果だと思っています。

真に力を抜けるなら腕相撲も武道も強くなる




例えば、日本の剣術などの武道はどうでしょうか? 30代や40代で筋力は確かに衰えても、内部には筋力では戦わない「達人のシステム」が構築されて いましたので、筋力が衰えれば剣が弱くなるなどということはなかったのです。

今はその「達人構築のシステム」が、ほとんど受け継がれずに途絶えていますので、筋力勝負、体力勝負に 偏った指導方法が一般的になってしまったのですね。

今現在の筋力主導の思想に染められた私たちの意識は「力を抜け!」と言われても力を抜けずに更に力を 入れてしまうような身体に変わってしまったのです。

今回のテーマの「誰でも使える腕相撲の原理」でお伝えしているのは、この「力を抜くこと」なんですが、 「力を抜いて勝てる訳がない!」という固定観念が有って力を抜けない訳です。

飛び降りたら地面にマットを敷くから10回建てのビルの屋上から「飛び降りてみろ!」と言われても、 飛び降りたら死ぬという固定観念が出来上がっていますので「はい解りました」とおいそれと飛び降りれる人はいない訳です。

同じように「力を抜けば強くなるから力を抜け!」と言われて本当に力が抜ける人はいないのと同じなんですね。 力を抜くレベルにも寄りますが、真に力を抜くことができれば、腕相撲も武道もスポーツも勝てる確率は 相当に上がります。

「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る



腕相撲で勝ちたかったら、武道で強くなりたかったら、スポーツで一流になりたかったら、技やテクニックよりも、 先ずは力を抜くことを覚えた方が確実な道だと思いますよ。

【関連書物の紹介】 力を抜くから強くなる
DVD>練気柔真法「脱力の極意」-力を抜くから力が出る!- [ 島田明徳 ]

   
 
 
 
 
 
 限定のオリジナル特典「護身術の基礎講座」をプレゼント!
 

☆身体操作 TOPに戻る
☆「世界中が待ち望んでいる防犯護身術」に進む

 
Copyright © 2015 痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾