ついに日本も護身術が必要な時代
 
痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る


 
トップページ 護身術未知標 護身術の考え方 瞑想呼吸法の会 プロフィール お問合わせ
自宅で覚えるDVD 護身の基本技術 護身の原理原則 県別犯罪ランク 気の力の養成法 メンタル強化法
  TOP護身術の思考法 >ついに日本も護身術が必要な時代
 

  ついに日本も護身術が必要な時代について


こんにちは、飛鳥塾の中山です。


ついに日本も護身術が必要な時代が来た!



「幹部受講者の2人に意識を5割以上で使う」肩合気の指導を行っている最中、 いきなり吹っ飛ばされてしまいました。
(身を守るための防犯護身の情報は後半にて)


さすがに幹部の受講者の皆さんは飲み込みが早い、というよりも体幹を使う基本がみっちり できているからだと改めて感じました。

5割以上の見えない内部意識で身体をコントロールする訳ですから、当然ながら身体の動きは 最小限でなければならないにも関わらずですから、きちんと意識の力をフルに使っている事が解ります。

このクラスの稽古や訓練では、限りなく内面の力を多く身体の力を最小限に使うという稽古ですから、 実戦の護身術など相手と戦わなければならない場合などは、手足などの身体もフルに使える訳ですし、 稽古より実戦の方が楽に戦えるようになります。

これは何にしても同じことなんですが、稽古や訓練になるだけ困難な稽古をすることで実戦の場合は それほど稽古よりも苦労せずに技が掛かります。

話しは少しズレますが、若いころ指導員をしていた超実戦の道場で、ある日私は志願して2人掛けの組手を 続けた時期がありますが、それを続けた後では大の苦手にしていた相手にも一人相手なら何ともないどころか 簡単に組手で勝てるようになった経験があります。

多くの人が反復を嫌って適にな基本を身に付ける




これと同じように、内面や意識も脳疲労を起こしかねないほど稽古をやれる人ほど上達も早いものです。
彼らは誰もが飽きてしまうような稽古を、ひたすら反復し繰り返して来て基本を叩き込みました。

その結果として、ステージを一段上げたレベルの稽古にも他よりも相当に早い理解と習得ができるように なった訳ですが、多くの人が反復を嫌って適当な基本を身に付けてしまって次のレベルで挫折する人も 少なくはないのです。

これは、武術や護身術に限らず、他の分野でも言えることではありますが、基本を疎かにするとどこかで 壁に当たりますし、基本がしっかりしていないために超えられない壁になってしまうのです。

特に護身術は生命が関わる一大事になる場合が多いので、このような基本をしっかり身に付けることが 非常に重要になるわけですし、基本が身に付けばその基本だけで護身術は使えるのです。

また、自己流で護身術を覚えたり、基本が適当な上で、うわべの華麗な技ばかりを追っても実際の場では、まず役には立ちませんし、 現場の状況によっては命すら落とす事になるやも知れないのです。

ですから、何を習うにしても基本に時間を掛けることが最重要になる訳ですね。 本来、人間は同じことの繰り返しが苦手なんですが、ほとんどの人が苦手にしていたり、中途半端に スルーする人が多いために、何事もそれを習得して自分のものにできる人が少ないのです。

「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る



夜間の見回りや警備に最強のご信用ライト!
護身用ライト 大型タイプ X-105W 防犯 ライト 防犯グッズ

 
   
 
 
 
 
 
 限定のオリジナル特典「護身術の基礎講座」をプレゼント!
 
当サイトから商品をご購入頂いた方に、オリジナル特典動画 「護身術基本技5本 講座」をプレゼントしております!

 

☆身体操作 TOPに戻る
☆「あまりに基本的な防犯護身テクニック」に進む

 
Copyright © 2015 痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾