護身術の指導経験を活かした対処法
 
痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る


 
トップページ 護身術未知標 体幹操作基礎 瞑想呼吸法の会 プロフィール お問合わせ
自宅で護身DVD 護身術の基本技 護身の原理原則 護身術の思考法 気の力と心理学 メンタル呼吸法
  TOP護身術の基本技 >護身術の指導経験を活かした対処法
 

  護身術の指導経験を活かした対処法について


こんにちは、飛鳥塾の中山です。


護身術の指導経験を活かした対処法 片手交差取り



交差した手で手首を掴まれた時の対処法について、基本技の2番目の技になりますが、1番目の平行に取るのではなくて 交差した手首を取ります。
(身を守るための防犯護身の情報は後半にて)


例えば、右手で相手の右手首を取るというように左手も同じように取ります。 下記に動画でもお伝えしていますので、まずは基本技をしっかりマスターして下さい。

「護身術テクニックの片手交差取り」は、前回の「片手平行取り」とは逆で、 相手が右手で自分の手首を掴んできた場合、交差した形で相手の右手で自分の 右手首が掴まれた場合の護身術になります。

自分の右手首を相手の右手で掴まれた状況で説明しますね・・この状態では、 相手と自分が向かい合っている前で2人の腕は交差している状態ですね。

この状態から、左の空いている手で相手が掴んでいる自分の手の上から押さえる ように相手の手を握ると、掴まれている自分の手首から外されないようにします。

手首を相手に握らせたまま相手の手首を取る




そして掴まれている側の手首を時計回りにクルッと回すと掴んでいる相手の手首 の上に自分の手刀と掌が乗っかるような形になります。

この状態をキープしたまま、自分の手首を相手に握らせたまま相手の手首を掴んで しまうと、これで相手の手首は極まったままの状態になりますので、 後は、その相手の手首に体重を乗せていけば、相手は痛みと共に崩れざるを 得ない状態になるという訳ですね。

「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る



護身術を知らなくても力がなくても暴漢を取り押さえられます。
挟めるサスマタ ロングサイズ さすまた/刺股/防犯 あす楽

 
 
   
 
 
 
 
 
 限定のオリジナル特典「護身術の基礎講座」をプレゼント!
 
当サイトから商品をご購入頂いた方に、オリジナル特典動画 「護身術基本技5本 講座」をプレゼントしております!

 

☆身体操作 TOPに戻る
☆動画「防犯護身の本質は緊急避難の対処法」に進む

 
Copyright © 2015 痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾