最強の護身術に関する都市伝説
 
痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る


 
トップページ 護身術未知標 体幹操作基礎 瞑想呼吸法の会 プロフィール お問合わせ
自宅で護身DVD 護身術の基本技 護身の原理原則 護身術の思考法 気の力と心理学 メンタル呼吸法
  TOP自宅で護身DVD >最強の護身術に関する都市伝説
 

  最強の護身術に関する都市伝説について


こんにちは、飛鳥塾の中山です。


最強の護身術に関する都市伝説はホント?



武蔵の独行道の中の名言の一つ「吾事において後悔せず」という好きな言葉ですね。 この言葉は知らない人がいない程の有名な言葉なんですが、その言葉を裏返せば「一瞬一瞬を精一杯生きよ」と いう教えです。

この一瞬を全力で生きていれば結果はどうであれ、「その瞬間の我が生き方に悔いなし」ということでしょう。
(身を守るための防犯護身の情報は後半にて)


「後悔とはくよくよと悩むこと、失敗した後の反省は大切ではあるが、後悔は必要と しない。後悔して落ち込み悩む暇があったら、失敗をバネに次のチャンスに生かせ!」 宮本武蔵の独行道を解説すればこのように言っていているのです。

身体運動系の見方から言えば、「老化現象とは筋肉の老化」による筋伸縮の可動 が、狭くなることから始まって「筋肉の緊張状態が長くなる」ことによって正常な速さで 「血液を循環させることが困難」になります。

血液の循環が悪くなると、「筋肉の中に老廃物が溜まり易く」なり、それが細胞に影響 し痛みなどの不快症状となって現れるのです。

身体に痛みなどの不快感があると尚更に身体は動こうとしなくなりますので、さらに 筋肉は硬結を増して行きます。

痛いから動かない・・「動かないから身体は硬く」なって痛みがでる悪循環の中で、 不調や痛みを繰り返されるのです。

そして長期間、慢性的に筋肉が硬直し続けると筋肉の伸縮が狭くなるために、 「筋肉両端の付着している骨」を引っ張り寄せたり、関節を固定してしまって動き 難くさせてしまうんですね。

これらが背骨や骨格を引っ張り合って「骨格や関節が変形する原因」なのです。 そうなると、さらに「筋肉に伸縮性がなくなって」背骨に至っては前に倒れる体型に なり、これは主に背骨を支える筋肉群(脊柱起立筋)が背骨をキチンと支えられなく なったことで起こる老化現象だという訳です。


身体が硬いままでは健康的な人生は望めない



老化によって「前屈みの姿勢が常習化」すると、次第に肺をはじめ他の内臓を圧迫し 始めて「内臓下垂や心肺機能の低下」を引き起こすようになります。

こうなると人間は、「身体全体のバランスが崩れ」免疫力や治癒力なども低下し病気 になり易い身体になってしまいます。

このように人間の体が老化に向かう過程を簡単に書きましたが、不安だから・・ 「怖いから目をそらす」のではなくて、こういう事実を知った上で毎日の生活を意識し て過ごした方が健康への予防などの気付きに繋がります。

健康のみに限らず・・身体が硬いということは全てに関する上でマイナスにはなれ、 ほとんどプラスになることなど一つもありません。

スポーツや武道などではもちろんですね。
先ずは身体を柔らかく緩めるということなくして、スポーツ系では先へは進むことも 望めませんし上達も有り得ませんね。

健康にしても、何事を始めるにしても身体が硬いということは致命的でもありますし、 身体が硬いままで健康的な人生など先ず期待できません。

ですから、運動をしていない人でも、先ずは体を柔軟にすということを第一にして 取り組めば、血流も回復し全身的な健康体を目指せる第一歩になりますし、 「運動系の上達」も大いに期待できます。

「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る



まとめ・・
「事に於いて後悔せぬために」とは、人間一つ一つの過去の生き様が今の自分という結果を作り上げています。 その一瞬一瞬の積み重ねが「今のあなたという集大成」なので、今のあなたを見れば「過去にしてきた事」が 見えても来るのです。
「事に於いて後悔せず」とは、今の一瞬一瞬を精一杯行きなさい。ということですね。

宮本武蔵のあの有名な掛軸がここにあります。
【掛軸】作家不詳『二天流始祖像』コロタイプ【桐箱入り】送料無料 贈答

 
   
 
 
 
 
 
 限定のオリジナル特典「護身術の基礎講座」をプレゼント!
 
当サイトから商品をご購入頂いた方に、オリジナル特典動画 「護身術基本技5本 講座」をプレゼントしております!

 

☆身体操作 TOPに戻る
☆「次世代型護身用グッズの可能性を探る」に進む

 
Copyright © 2015 痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾