最強の護身術を最大限活用する心構え
 
痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る


 
トップページ 護身術未知標 護身術の考え方 瞑想呼吸法の会 プロフィール お問合わせ
自宅で覚えるDVD 護身の基本技術 護身の原理原則 県別犯罪ランク 気の力の養成法 メンタル強化法
  TOP最強の護身術を最大限活用する心構え
 

  最強の護身術を最大限活用する心構えについて


こんにちは、飛鳥塾の中山です。


最強の護身術を最大限活用する心構えと武道の礼節



最強の護身術を最大限活用する心構えについて、格闘技も護身術も本来ならば武道と同じように礼節を持って臨まなければなりません。
最近目に余るのが、強けりゃいいという傲慢な態度が格闘技を中心にした選手の中に増加しています。
(身を守るための防犯護身の情報は後半にて)


パフォーマンスにしてみても、その格闘技の品位を落とし込めてるということに気付いていないのが多いですね。 人に勝つことばかりを考えて、それ以外は学ぶ必要もなしという態度で生きているとこのようになるのでしょう。

空手に限らず、武道と呼ばれているものは「格闘技術としての護身手段」「攻撃手段という実践的な要素」を必然的に持っている関係上、秘密裡に修行鍛錬されて 来たのは、自然の流れであり技術や方法論は全て極秘による門外不出で行われる 場合がほとんどでした。

沖縄の唐手が、これに加え「薩摩藩の監督下」にあった関係で、本土や他の地への 伝来が遅れたことは止むを得ないことだったのでしょう。

空手道の萌芽とその発達が沖縄においてなされた理由として、二度に渡る禁武政策 があったことが上げられると思います。


相手の命に礼節を重んずる姿勢は自然の形で生れた



一つは、琉球三山を統治した不世出の英雄、尚巴志王が文治立国の政策を揚げ、 武器の携帯を禁じたことにあります。

二つ目は、慶長14年に琉球が「薩摩藩の島津氏に屈し」、二度目の禁武政策を制定 されてしまったことです。

武道武術を志す者の心得として、武術の稽古以外の「礼節や所作」があります。
昔から武術の技術が優れているだけでは「武芸者とは見て貰えず」単なる喧嘩屋 もしくは、ならず者と同程度に見られていたという記述があるようです。

人を殺傷し自分の命も失うかも知れない「武道を志す者」にとって自分の命に、そして 相手の命に「礼節を重んずる」姿勢や作法は極自然の形で生まれたのでしょう。

「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る



まとめです・・
「武道の礼節と所作」ということは日本人の独特の美的感覚かも知れません。
他の国には「死者を掘り起こして3度鞭打つ」というお国柄もあるようですが、日本人には「敗者を労わる心」という 「武士道の精神」を重んじる言葉もあります。
人の死や不幸に真心を持って向かい合う姿勢です。

どこかの超有名なマンガのパクリみたいなタイトルだけど・・
空手超バカ一代 【電子書籍】[ 石井和義 ]

 
   
 
 
 
 
 
 限定のオリジナル特典「護身術の基礎講座」をプレゼント!
 
当サイトから商品をご購入頂いた方に、オリジナル特典動画 「護身術基本技5本 講座」をプレゼントしております!

 

☆身体操作 TOPに戻る
☆「プロが選んだ護身用グッズの正しい使い方」に進む

 
Copyright © 2015 痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾