護身術の習得法が抱えている問題点
 
痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る


 
トップページ 護身術未知標 護身術の考え方 瞑想呼吸法の会 プロフィール お問合わせ
自宅で覚えるDVD 護身の基本技術 護身の原理原則 県別犯罪ランク 気の力の養成法 メンタル強化法
  TOP身体操作道しるべ >護身の習得法が抱えている問題点
 

 護身術の習得法が抱えている問題点について


こんにちは、飛鳥塾の中山です。


護身術の習得法が抱えている問題点について



武術で云われる浮き足に関して、古流の空手で言えば「チンクチとガマク」の使い方で説明できると 思いますが、まず「ガマクは三戦の型」などで行う「吸気の時の身体の状態」です。 要するに、身体に外気が入りますので正中線が天に向かって伸びる背伸びの状態ですね。
(身を守るための防犯護身の情報は後半にて)


次に「チンクチは呼気の身体の状態」ですが、一度長く息を吐いてみて下さい。身体をどうなりますか? 地面に着いている足のかかとが浮き上がるような感覚がありませんか?

これは呼気によって、体幹の中の横隔膜が上に上がり肺の中の空気を外に押し出す際に大腰筋という 上体と下半身を繋ぐ大きな筋肉が縮められるために、かかとが地面から浮く感覚になるのです。
この状態は足への重力が少ないために、これで運足でを使うのを「浮き足」と呼ぶのですね。

武術に伝わっている「浮き足」とは、その操作が足にあるという訳ではなくて身体・・
厳密に言えば体幹の使い方にある訳です。

ですから、「浮き足」の状態を創り出すまでには、「体幹の使い方」に特化した訓練を 充分にして体幹を極めなければならない訳なんですね。

一見すると、体幹の使い方と足にはあまり関係ないように思われがちなんですが、 それは一般的な普通の身体の使い方の場合です。

竿の先端の動きは何倍もの振幅で増幅する原理



武術的な身体の使い方は、すべて手を使うときも足を使うときも、その力の発生源は 体幹の中心から起動しているということなんですね。

これは、あくまでも熟練度にも寄りますが、基礎的な力の使い方は体幹から発生し 末端へと流れ、序々に相手との接触部位から相手の内部へと入り、「相手の脳を コントロール不能」にしていきます。

このような説明の仕方をすると、「怪しく」感じるかも知れませんね。
要するに、僅かな点から起動して波動を増幅させながら、自身の末端の手足へと 向かい相手にこちらの力が作用するということです。

「活字の説明」で充分伝わっているでしょうか。
言い換えれば、これはムチの動きに似ていますね。
起動する手元は僅かな動きでも、他に作用する先端には大きな力となって働くという 理屈になる訳なんですね。


魚釣りの釣竿も、この武術的な身体の使い方に応用できますね。
手元で動かした竿はわずかでも、竿の先端の動きは何倍もの振幅になります。

この竿の先端が、人間であれば「手や足」に匹敵するということです。
増幅した力が相手に伝わって行く訳ですから、「相手は耐え切れずに」崩れてしまうと いうことになるのです。

「耐え切れずに」と書きましたが、正確には「対抗できないまま」と言った方が正確な 的を得た言葉になるかも知れませんね。

「痴漢やひったくり、性犯罪や路上強盗」から身を守る



まとめますね・・
「浮き足」とは、恐らく浮いたような感覚で移動できるということから付いた名称ではないかと推測します。 実際に体幹操作の力で身体を引き上げるような意識を持って動くと、まるで地面から足が浮いて移動しているような 感覚になります。
と言うか、体幹が引き挙げられているので足と地面との感覚が浮いた感じになるのかも知れません。

実際に身の危険を感じた時に使うことが条件
懐中電灯 フラッシュライト ハンディライト LED

 
 
 
 
 
 
 限定のオリジナル特典「護身術の基礎講座」をプレゼント!
 
当サイトから商品をご購入頂いた方に、オリジナル特典動画 「護身術基本技5本 講座」をプレゼントしております!

 
☆身体操作 TOPに戻る
☆「防犯 護身のための身を守る意識改革法」に進む

 
Copyright © 2015 痴漢やひったくり 路上犯罪から身を守る All rights reserved.
by asukajuku.jp 飛鳥塾